お客様

国籍 France
人数 大人2人      子供2人

香港在住のフランス人のお父さんとロシア人のお母さん。会社の都合でアムステルダムと香港を2年おきくらいで行ったり来たりする生活。ご家族の会話はフランス語と英語。旅慣れていることもあり、6才と4才にしてはかなり歩けた。前々日に鎌倉ハイキングをやってのけたとのこと。体力もさることながらとても良い子たちでとてつもなく人懐こくて可愛かったです。

ツアーの内容

子供たちの食いつきがすごく、予定よりかなりおしてまわりました。
ファミリーツアーでは「生臭くて気持ち悪い!」と子供たちにはっきり言われてしまうこともあるのですが、この子たちの好奇心はものすごく場内からなかなか出られなかったです。
お店の方々も子供たちがとても可愛かったのもあり、水槽からアワビをだして動くのを見せてくれたり、ふざけて伊勢エビを投げる仕草をして子供たち驚かせたり、楽しませてくれました。子供たちのリアクションが毎回大きすぎるのが面白かったです。

子供たちだけ波除神社でおみくじを引き、ビー玉のお守りも購入しルンルンに。まだ4歳と6歳が両方とも金運UPを願っていたのに笑いました。

あまりに長居したので江戸東京博物館はパスしました。(じっくり時間をかけてみたいようだったので)この時点ですでに11:30。

相撲博物館と国技館を見てからちゃんこを食べに行きました(ちゃんこ食べてたの私だけでしたが...)
9月場所を逃したことをとても悔やんでいたほどご両親はお相撲に興味があったようで、たくさん質問されました。
子供たちは力士の顔ハメや相撲博物館内で流れていたビデオに興味深々でした。
両国駅で偶然見つけたお相撲さんと写真を撮れて満足そうでした。

雨が少し降り始めましたが、ご夫婦の好奇心は泊まらず、写真をガンガン撮っていました。子供たちも飽きる事なくキーホルダーなどにいちいち足を止めて忙しそうにしていました。
浅草神社の鳥居を見て「これは神社!」と4歳の弟くんもわかるようになり得意気な顔が可愛かったです。

私が出口選びに失敗し必要以上に歩かせてしまいました...。にも関わらず、追いかけっこや砂利拾いに夢中で疲れを全く感じさせない二人に感動すらしました。
ご両親が少しお疲れのご様子だったのでホテルまでお送りしてお別れしました。

ご両親もとてもステキな方で子供への接し方などいろいろ学ばせていただきました。



エリア : 東京