お客様

国籍 United States
人数 大人4人

USAから (全員50代初めくらい)

・ブレントさん、ドナさん フィラデルフィアから ブレントさんは家具関係の会社にお勤め、ドナさんはビールのカールスバーグにお勤めと言っていましたがフリーランスとのこと。

・ピーターさん、シンディーさん ワシントンDCから

フリーランスのお仕事とうかがいましたが、詳しくはききませんでした。

ツアーの内容

10:00 AM : ホテル

ブレントさんとドナさんは時間通りに現れたが、ピーターさんとシンディーさんが大幅に遅れる。地図をお見せしながらツアーの行程と江戸時代の街の構造などをご説明して浜離宮へ歩く。

ブレントさんは物作りに携わっているためか、建築にもご興味があるようで、途中、中銀ビルについて訊ねられた(浅草ではインフォメーションセンターのビルのデザインにもすぐに気付かれた)。

午後に皇居にも行くので枡形門について説明してから中へ。

黒松と赤松の説明をしてから歩くと、ドナさんは途中、多行松にも気付かれる。

今年は都心の紅葉が早いようで、八景山のハゼは赤く、唐かえではオレンジに色づき、非常に綺麗。池ではクロダイらしき姿も見られた。ピーターさんは写真撮影をたくさんされるので遅れがち。

中島の茶屋は日曜日、しかも快晴ということもあり、紅葉を求めて訪れた日本人でかなり混んでいた。ピーターさん以外の3人はあぐらなどをかいてリラックスして抹茶を楽しまれていたものの、ピーターさんは畳に座るのが辛そう。

庭園散策には最適の日で、お客様も非常に楽しまれていたようだったので、1本遅い水上バスにしてランチ時間を少しカットするかどうか訊ねたところ、そうしたいとのこと。このため、その後は少しゆっくりと焦ることなく、いつもは省略する鴨場も詳しくご説明しながら水上バス乗り場へ歩く。

12:05 PM : 水上バス

ドナさんとシンディーさんは大学時代の友人で、今回の旅行はお2人の同窓会も兼ねているそうで、船の中ではそれぞれおしゃべりに花が咲いていました。途中から今夜のディナーの話しになっていたようで、夜に日本人の友人が焼肉レストランのテーブルを予約しているが、6時を7時に変えてほしいので電話してくれないかと言われ電話。しかし5分もしないうちに、焼肉から寿司に変えたいのでキャンセルの電話をして欲しいと。

えーっ、と思いながら再度レストランに電話。先方も残念そうな声でした。

その後、寿司屋をピーターさんがさがしていましたが、築地の寿司清がヒットしたようで、ここは酒を提供しているかと訊かれました。日本のレストランは基本的にお酒を提供しているので、大丈夫だとお伝えしました(アメリカではないところもあるのでしょうか?)。

皆さん、アサヒビールの建物に興味を持たれ、下船してから説明と写真撮影。

01:05 PM : 浅草

浅草の人出がすごく、レストラン探しが大変そうだったので、神谷バーの前でメニューのサンプルを見せながら、ここはどうかと尋ねるとOKと言われたので3階へ。席も空いており、ほっとする。4人とも生ビール、天ぷらと刺身の和御膳、焼きおにぎりなどを注文。日本の刺身はアメリカのものと比べると値段が高いがクオリティーが全然違うという感想。皆さん特に好き嫌いなく、ヒジキの煮物やわかめとタコの酢の物も食べていらした。

最近のアメリカ選挙戦に対する日本人の率直な感想を訊かれ、その後、選挙や政治の話しにも発展(汗)。旅行中だったためか、今週、安倍首相がトランプ氏を訪れ、高価なゴルフパター(50万円という値段に皆さん驚かれる)とゴルフウェアをそれぞれプレゼントし合ったたのはご存知なかった。

02:05 PM : 浅草

仲見世はすごい人出。遊膳モリタで、皆さんお土産用に数本箸を購入される。ドナさんの話しでは、先日丸の内で箸を見たが、どれも高級で1万円以上だったとのこと。気に入ったデザインで、しかもリーズナブルなものが見つかったようで良かったです。

おみくじはご説明しましたが引かず(こちらがほっとする)。

浅草神社では結婚式を行うカップルが。笙を吹いた神職を先頭にして、羽織袴の花婿と黒地に金のモミジ?と鶴が刺繍された花嫁が本殿に入って行くのを目の前で眺めることができたので、とてもラッキーでした。

03:50 PM : 皇居二重橋~大手町

ペニンシュラの下から上がってお濠沿いを歩きながら二重橋へ。途中、皇族の写真入り家系図をお見せして説明したところ、ブレントさんとドナさんは、丸の内辺りで天皇と皇后が乗った車に出くわし、写真を撮った、私がお見せした写真より歳は取っていたが、間違いなく二人だったというお話し。ラッキーでしたね。

二重橋を見た後、日没近くなったので急に気温が下がり、シンディーさんがジャケットを持ってこなかったので寒くなったと言い、ブレントさんからセーターを借りる。

シンディーさんは寒いので早足に、ピーターさんは写真撮影をしているので後から遅くついてくる感じになる。足早にパレスビルの地下に入り、シンディーさんとドナさんはトイレに直行(トイレに行きたかったのかも知れません)。

ツアー初めに地下鉄の地図と大手町駅から新橋駅への帰り道を書いたものをお渡ししていたのですが、大手町駅でこれが見つからず。電車の乗り換えをしたくないとのことなので、丸の内線で銀座まで行き、そこからホテルへ歩いて戻るということになったので、ここでお別れしました。



事前のメールのやり取りでドナさんからのメールがとても短い素っ気ないものだったので、冷たい感じの人かと思っていましたが、皆さん、感じの良い方でほっとしました。

また、駅での乗り換えでも階段を使われていたりして、皆さん健脚だったので、この点も助かりました。



エリア : 東京