お客様

国籍 United States
人数 大人3人

アイオワ出身のご夫婦(60代)と、ご友人(60代)でテキサス出身。日本には20日から23日朝まで滞在。この後シンガポールからクルーズでカンボジアなどの各国を数週間まわる。

ツアーの内容

08:00 AM : JAL City Haneda Tokyo West Wing

お客様とミート。穴守稲荷駅に行く途中、駅付近にある穴守稲荷にお連れした。鳥居やきつね(稲荷)について説明。穴守稲荷駅から品川駅に移動。品川から小田原までこだま641使用。自由席はがらがらで無事座れた。

09:35 AM : 小田原駅

天気が予定では晴れ、風速も弱い、とチェックできたので、駒ケ岳ロープウェイも伊豆遊覧船も止まることはないと予測し、「箱根旅助け」(3000円)をお客様に購入していただいた。(今回のツアーはお客様が「財布を預けるから、ここからお金を使って」と預けてくださり、スムーズなツアーになった。)小田原駅を10時のバスに乗り、元箱根に11時ごろ到着。

11:00 AM : ランチ

お客様もすでに空腹になられていたので、神社の前にランチを取ることに。そこで、S様から「魚アレルギー」と急にお聞きした。事前のメール連絡でアレルギーについて何かあれば教えていただくよう依頼していたが、メールでは何もおっしゃっていなかったので、当惑したが、事前に元箱根を下見しておいたので、イタリアンの「ラ・テラッツァ」(元箱根港近くのイタリアン)に行くことにした。レストランで魚成分の入っていないピザ、パスタを確認し、食べていただいた。

12:10 PM : 箱根神社

本来は22日が箱根、21日が都内、の予定だったが、事前に21日は箱根が雪になることが分かっていたので、お客様には数日前に「都内と箱根の日付をスワップしましょう」と提案して、了解していただいていた。なので箱根は比較的天気がよい21日に行くことになったのだが、「日曜」なので、箱根神社は参拝客の列が長蛇の列になっていた。50人以上は並んでいるようだったので、お客様に了承していただき、拝殿近くで記念写真を撮り、比較的列の短い九頭竜神社の方で神道のお参りの仕方をお教えして、皆さんでお参りしていただいた。平和の鳥居の方に降り、湖畔に沿って元箱根の方に戻り、遊覧船の出航時間までの間、付近の寄木細工屋さんを見ていただいた。Lさんがいくつか寄木細工をご購入。

01:10 PM : 伊豆箱根遊覧船(元箱根~箱根園)

残念ながらこの時点では曇っていて富士山は見えなかったが、湖のスワンボートなどに興味を持たれた。

山頂が曇っていたので、少し時間をつぶしてからロープウェイに乗ることにした。箱根園でも寄木細工のお店に興味を持たれ、お客様がいくつか秘密箱を購入。

03:30 PM : 伊豆箱根バス・JR・京急→ホテル

バスで箱根園から小田原に行き、そこから「新幹線でも帰れますし、もし時間が20分ほど長くかかっても大丈夫でしたら半額ほどでJR東海道線利用でも帰れますが」と提案すると、「安い方でよい」とのこと。小田原から横浜までJR、横浜から穴守稲荷まで京急で帰る。穴守稲荷駅のコンビニで買い物のお手伝いをさせていただき、18:30ごろお別れ。(ホテルまでは自分で歩ける、とのこと。)



エリア : 箱根