「ご指名」される通訳案内士になるには

ガイドの仕事に慣れてきたら「ご指名」されることを意識してみましょう。

旅行会社からの仕事をこすると、あなたへのお客様の評価は旅行会社に直接いくか、会社の口コミサイトに掲載されることになります。ここでいかにいい評価をもらえるかによって、未来の仕事量が変わっていく可能性は高いです。

 

今や外国人観光客のとって旅行をする際に欠かせないTrip Advisor など口コミサイトの信頼度、依存度は高く、ここにあなたの名前入りで評価をもらうことは大きな意味を持ちます。旅行会社のサービスの良し悪しを調べる際に口コミサイトを見た方があなたの評価を見て「このガイドさんに頼みたい」とツアー予約と同時に「ご指名」してくださる可能性があるからです。

 

ご指名されることのメリットとは?

雇っている側からすれば大切な集客元ですので、あなたへの評価、信頼につながります。口コミの数の多さ、ご指名の数の多さで報酬が上がるかも大いに考えられるでしょう。

会社を評価しているページにあなたの口コミが載れば、世界の誰が見ているかわかりませんので直接のお客様だけでなく、他社からのヘッドハンティングもありえますので当然全く口コミがない状況よりも仕事量は増えていきます。

また「私でなくてはダメ」な案件が増えることで価値の創造、他のガイドさんとの差別化、単価を上げることができます。自分の自信になり、より高みを目指すとより一層新しいことができるようになる好循環が生まれます。

 

口コミをもらう通訳ガイドになるにはどうしたらいいか

そのためにはなによりもズバリこのガイドさんといると「楽しい時間を過ごせた」という期待以上の満足感をもってもらうこと。お客様が「楽しい」と感じる理由は様々なので、これができれば喜ばれる、というものを断定することはできませんが、例えばガイドさんの気遣いやユーモア、時間配分のうまさやコミュニケーション能力の高さなどお客様がストレスを感じることなく、1日を任せられることがまず第一条件です。

 

そして最後に「また会いたい」と思わせることでそのお客様があなたのリピーターになり、誰かに勧めたいと思います。すでに人気のガイドさんを指名し、案内され、想像通りのいい経験ができれば、よりサポートしたくなるのがお客様の心理なのでまた口コミを書いてもらえることも多く、自然と口コミ数は増えていきます。

 

そのためにできることは何か。

「自分がもっていて、人がもっていない技は何か」を考えてみます。

思わず「おっ、やるな」と思わせる印象を残すようなものはないか、あればそこをアピールしましょう。難しく考える必要はなく、例えば、笑顔がチャームポイントであるとか子供の扱いがうまい、ガイドの知識だけでなくスポーツ、音楽、食やファッションに詳しいなどです。自分のアピールポイントをいくつかさりげなく主張してみて、お客様の反応がよかったことを見極めて好感触だったポイント多めに出していくことを意識するだけでツアーの雰囲気も変わりますので是非試していただけたらと思います。

 

実際に口コミを投稿してもらう方法

自分でも1日とってもうまく案内できて、お客様とも話がはずみ、チップももらえたとしましょう。お客様も満足そうに「あなたのことは誰にでもオススメできるわ」と言ってくれたし、これはいいレビューがもらえそう!と淡い期待をして口コミを待っているだけでは投稿してもらえる可能性はまだ低いと言えます。
私の経験上、ご自身から「レビュー書くわね!」と言ってくれる方ほどなかなか書いてくれません!旅行中は当然お客様は忙しく、ご自宅に戻れば旅行の疲れや普段の生活に体を戻すことに忙しく、あなたの口コミのために時間をとるのは余程良いサービスだったか、最悪のサービスだったかでしょう。

 

駆け引きがなかなか難しいところではありますが、いいツアーができて少しでも口コミがもらえそうだと感じたのであればして欲しいことが3つあります。

 

1 別れ際に口コミをお願いする

 これは手応えがあったなかったに関わらず、言うべきです。何故なら本当のお客さんの感想はお客さんしかわからないから。一見そこまで楽しそうに見えなかったお客様でも実はシャイなだけで本当はすごく楽しんでいたかもしれません。今回はあまり自信がないから、もしかしたらネガティブな口コミをもらうのでは...と心配されるかもしれませんがすでに述べたように、お客様はどうでもいいと思えるサービスの口コミであれば書かないのでお願いするだけしてみなければ損です。

 

2 その日のうちに 「ありがとう&フォローアップメール」を送る

仕事の依頼先によっては使えない手法ですが、個人で受けたお仕事やお客様の個人アドレスを知っている場合に確実にやった方がいいことはその日のうちにありがとう+ツアー中に答えられなかった質問への回答、またツアー後に伝えたくなった情報などをメールで送ることです。その時に、メッセージの最後に必ず「忙しいのはよくわかってるんだけど、時間がある時でいいので口コミお願いします!」と付け加えるのをお忘れなく。一緒に口コミサイトへのリンクや一緒に撮った写真など添付してあげるといいですね。

もちろん、返事の中で新たな質問などあった場合はきちんと答えてあげましょう。

 

 

3 SNSで繋がる

   ツアー中によく写真をFacebookなど、SNSにアップするようなお客様ならば、ここぞとばかり繋がっておきましょう。お客様も日本人との繋がりができるのは嬉しいでしょうし、今後のあなた自身の集客にもつながる可能性があります。

SNSで繋がることができるということはより友達に近いコミュニケーションができる関係になったということなので、接し方も多少カジュアルでも問題なくなります。

2のメール送信だけでは効果がなかった場合、ツアー後少し経った頃に(一週間程度)ダイレクトメッセージで「元気〜?」といった感じでメールしてみて最後にさりげなく(もしくは冗談めいて) 口コミをお願いして見ましょう。

私が個人的によくやる手法としては「この間のツアーの写真、アップしてもいい?」と切り出し、OKをもらい (NOという人はまずいません)

「ありがとう!!口コミもお待ちしてます!♡」と送ると大体成功します。

 

一人旅のお客様は夜にその日に行った場所などアップする傾向にあるので時間を置かずとも、2のメールではなくツアー当日にダイレクトメッセージでささっとお願いしてみるのも手です。

 

 

まとめ

いい口コミはガイドとしての質の保証をあらわし、あなたの実績として残ります。

仕事を紹介されやすくなるうえ、思いがけないところからオファーを受ることもあります。フリーランスはいかに個を評価してもらえるかにかかっているので、ツアーも黙々とこなすだけではなく、どうすれば目立った良い評価をもらうことができるかを考えながら仕事に臨みましょう。