お客様

国籍 United States
人数 大人2人

オハイオ州からの老夫婦。リタイヤしており、世界各国を旅行されている。日本は初めて。

旦那様:穏やかな方。とても優しい。とても元気で体力あり。

奥様:ニューヨークで生まれ育ち感覚が都会的。手芸が趣味とのこと。一眼レフのカメラで写真を沢山おさめられる。

ツアーの内容

09:30 AM : ホテル

待ち合わせ時間15分前に笑顔で近づいていらっしゃるご夫婦が^^

早く来てくれてありがとう^^と優しいお言葉をいただく。行程を説明してOKということで早めのスタート。

東京には数日滞在し自分たちでまわるということで、今回はPASMOを購入。地下鉄で小学生の男の子を連れたご家族と隣合わせに。ご夫婦には2人お孫さんがいらっしゃるとのこと。男の子にインタビューしながら過ごす。

丁度端境期でお花はあまり咲いていなかったが新緑を通る風は気持ちよく、ゆっくりと園内を回る。植物や動物がお好きの様子で、奥に珍しい花(葉っぱが色づいていた)があると言って奥まで入っていったら、イチゴを発見!
中島のお茶屋でひとやすみ。椅子もあるが、畳の上で座ってみたいということで、チャレンジ。丁度私たちの前に和装が素敵なおばさまがお一人で座られたので、思わずお声掛け。お客様も素敵な着物が見られたとお喜び。しばしその方との会話を楽しむ。私たちが出るころは行列が!早めに来てよかった^^
ゆっくり歩いて鴨場手前で小さな紫色の花が沢山咲いていて、とても可憐で思わず足をとめる。鴨場では看板の絵を見せながらどういう風にダックハントをしていたかを説明。面白がられていた。
5分前に水上バス乗り場に到着。チケットを購入し、乗り込む。風がここちよく気持ちがいい♪

12:00 PM : 浅草

三社祭のため、人手がいつもに増して多い。丁度神輿が前を通り、しばらくは足止め。混雑前にランチをと思ったが、すでに遅し。人でが多いがお祭りの特別な雰囲気を楽しまれており、ランチに少し並んでも大丈夫よ、と仰ってくださる。ランチは天ぷら、ラーメン、お寿司、お好み焼きの中から選んでいただき、お好み焼きというのを知らないので試したいということになる。自分たちで調理できる、ちかばの弁天へ。しばらく並ぶため私は並んで待っていて、お客様には手ぬぐい屋など周りを見ていただくことに。お好み焼きは大好評!写真を沢山とられ、自宅でも孫が喜びそうだからやってみたいとのこと。
浅草神社でちょうど巫女舞奉奏が始まるところで、しばらくご覧になる。私も初めてみたが、とてもきれいだった。
本殿から逆回りで仲見世を進むも、神輿2台が来て大混雑。満員電車状態になり、一時動けなくなる。お客様とはぐれないようにしっかり手を引いて、横道へ移動(汗)
横道にそれたら、和柄のハンカチを販売しているお店にたどり着き、奥様が手芸好きとのこと。和柄の意味をそれぞれ説明していただき、8枚購入。これで小さなポーチなどを作ってお友達に差し上げるとか。

人手を沢山ご覧になってお疲れではないかと思い、アメ横をスキップするか尋ねたがご覧になりたいとのこと。仲見世とはまた全く違う様子を楽しまれていた。

上野公園のゆったりした雰囲気にほっとされた様子。彰義隊の話、寛永寺の話などをしながらゆっくり歩く。清水観音堂、五條天神社のミニ京都をお見せし、上野東照宮へ。石灯篭や社殿、雰囲気がとても気に入られた様子だった。

04:00 PM : 谷中

ずっと歩きっぱなしでお疲れのご様子だったので、上嶋珈琲店で一休みしませんか?とお誘いする。2階に席があったのでお座りいただき、ここは私がご馳走させていただくことに^^。内装が和洋折衷で面白いとのこと。20分ほどゆっくりしてから、歩きたい、大丈夫とのことで、谷中散策開始。
谷中霊園には寄らないでいいとのことで、細い路地道を進む。日本の住宅事情を説明しながら歩き、路地の雰囲気を大いに楽しまれていた。
SCAI THE BATH HOUSEは展示はやっていないので説明のみ(私、まだ入ったことがありません!)。アランウェストさんの絵処に寄り、しばらくご覧になる。日本画を描くアメリカ人ということで大変興味を持たれていた。ヒマラヤ杉に驚かれ、大名時計博物館(門が閉まっている)を外からご覧になり、蛇道を進む。蛇道にある亀の子たわしのお店や革製品のお店など、小さなお店の雰囲気も気に入られていた様子。
ゆっくりゆっくり谷中銀座を通り、夕焼けだんだんを登り切って後ろを振り向いていただく。夕焼けとまではいかないが、きれいな景色を堪能していただけたかと思う。
日暮里駅でホテルまでの帰り方をお渡しして、お別れ。沢山歩いてお疲れになったと思います、本当にお疲れ様でした!



エリア : 東京