お客様

国籍 Germany
人数 大人4人

ドイツからの二組のカップル。6週間のバカンスを利用してクルーズ船で旅行されており、プサン、福岡、金沢、京都、横浜、函館(順番は不明)と回られていて、日本についても理解し始めており、日本人は優しく、日本はどこへ行ってもきれいで素晴らしいと日本大好きオーラを漂わせてらっしゃいました。
カップル1旦那さま:物静かで写真をよく撮影される。奥様:かなりの年の差とお見受けしました。かわいらしく4名の中で一番お若く行動派。富士山が見たい、お天気だから見えるよね?とかなりご期待のご様子でした。
カップル2:旦那さま:よく話し、陽気な性格。いろんなことに興味深々。奥様:最初物静かかと思いきや、色々ご質問を受ける。陽気な性格。こちらのカップルはこの日(8月4日)が結婚21周年

ツアーの内容

08:00 AM :

ホテルのシャトルバスを利用して新宿駅へ移動。オンライン予約しておいたロマンスカーのチケットを購入。(1号車の1番前ではなかったものの、2列目、3列目のCD側、富士山見える方を予約)運転席が見えるタイプで運転手が女性、また指さし声を出して確認しながら運転する姿が面白いよう。運転席の機械も興味深々。車窓からの景色やなぜか税金などの話をしながら、小田原まで。車内販売でコーヒーを購入してました。

8:53発 はこね9号 10:17小田原着
今回は西武系の船、ロープウェイを利用予定なので、西武系のフリーパス「旅助け」3000円を購入。湯本では販売していないので、小田原で下車。駅から小田原城を眺め、写真撮影。

小田原駅発のバスに乗り込み、箱根園へ。最初箱根についたらランチの予定でしたが、お客様にきいたところまだいいとのことだったので、午前中ならもしかしたら富士山が少しでも見えるかも。。というのといつ風で止まってしまうか分からないので最初に駒ヶ岳ロープウェイをすることにしました。バスのシステムにも興味深々。また27年となっているがあれは何だ?と言われ年号についてご説明。ただ、席が少し離れてしまったのと、音もうるさいのでバス車内ではあまりお話できませんでした。到着までの約1時間が長く感じられました(汗)

11:50 AM : 駒ケ岳ロープウェイ

残念ながら富士山方向は白く何も見えず(この季節だいたいこんな感じです。)、山頂は霧で箱根奥宮も最初見えないくらいでした。時間が経つと奥宮が現れたので、そこまでお連れしました。駒ヶ岳ロープウェイはご存知の方も多いと思いますが、本当にやる気があるのか!といつも思います。2回のトイレは使えない、お客様にもぼろいね。。と言われ、箱根神社の奥宮も放置してるまでは行きませんが、お賽銭箱などは中にしまわれ扉に鍵がかかっており、微妙な感じでした。ただ山頂は涼しく、芦ノ湖は霧の中から何とか見えたので、景色は堪能されてらっしいました。ここの職員が一番力を入れている富士山マスコット富士ちゃんとの写真は購入されてました。またロープウェイの駅に飾られている富士山の写真をこれは合成か?!と聞かれたので、本物です。見えるときはこのように見えるのですよ、とご紹介したらその写真を収めて喜んでらっしゃいました。

01:10 PM : 遊覧船 

ランチ 13:35-14:40 箱根ホテルブッフェランチ(利用の際は一応予約した方がいいと思います)
ランチ箇所を箱根ホテルでのブッフェにしました。窓際のお席をご用意していただき、芦ノ湖を眺めながらの食事。ただ日本食らしきものが見当たらなく(カレーライスくらい?)、デザートのソフトクリームを自分で盛り付けるのは喜んでらっしゃいましたが、もっと日本食らしいものの方が受けがよかったかも。。と反省。結婚21周年記念日とお伺いしていたので、ホテルに事前にお願いして「Happy 21st Anniversary」と書いてもらったプレートをデザートにご用意していただき、サプライズで大変喜んでいただきました。(ブッフェのデザートを用いて作ってくださるので特に追加料金はかかりません。誕生日の際はHappy Bitrhday の歌も歌ってくださるそうです^^)こういうことをしてもらえるのが箱根では箱根ホテルしか思いつきませんでした・・^^;移動しやすい場所でほかにどこかご存知であれば教えてくださいm(_ _)m

02:50 PM : 箱根神社

本当は関所跡にある寄木細工からくり美術館あたりで少しお土産タイムをと思っていたのですが、最初に船に乗船した際、箱園神社の平和の鳥居が見え、もっと近くに行きたいとのご要望があったので、ランチ後すぐの船で元箱根へ移動。平和の鳥居までみなさんで歩き、湖をバックに写真を撮られました。少々お疲れになってきたようで箱根神社の元宮へは行かず、バスまで時間があったので、箱根は温泉で有名なので温泉も楽しめる場所をと、足湯を試してみませんか?と「Baker’s and table」へ。最初行ったときは足湯のお席はすでに満席で、お客様がトレイなどを済ませている間待機。飲み物を頼んでいる間に、お客様分の4席確保!みなさん早速トライしましたが西洋の方には熱いようで、最初悶絶されていました(苦笑)。ずっと入っていたら慣れてきたらしく、後から来た他の外国人観光客の暑がる様子を見て面白がっていました。 帰りのバスの時間が近くなってきたので、近くの箱根細工のお土産屋さんに入り、富士山柄のお箸とトラと何か(十二支)の起き上がりこぼしをお土産にと購入されてました。ちょっとお土産の時間が短かったかなと反省です。

04:12 PM : 小田原駅

16:12発のバスで小田原まで移動し、新幹線に乗りたいというお話をされていたため、新幹線で帰りますか?とご提案したところ、是非!!ということになり新幹線で帰ることにしました。すぐの新幹線ではなく、30分待つ17:42の指定を取り、小田原駅のプラットフォームでものすごいスピードで通り過ぎる新幹線を体感し大変ご好評でした。何度も写真に収めては、ぶれてる!フレームの中央に来ない!とみなさんこぞって撮影大会。東京駅までは席が離れてしまったのですが、その間ディナーの予約を頼まれていたので新宿「瀬里奈」に予約電話と結婚記念日であることをご報告。写真撮影をしてくださるとおっしゃってました。東京駅に到着し、新幹線の顔をしっかり撮影。お掃除のおばさんの無駄のない動き、カバーを都度交換している細やかさに感動されてました。東京駅から新宿まで乗り換えを教えてくれれば後は大丈夫!横浜まで遠いのだから(クルーズで来たので場所をご存知)東京駅から帰りなさい!とまたまた優しいお言葉をいただき、新宿駅までの乗り換えと新宿からホテルまでの帰り方をご説明し、また6日!ということでお別れしました。



エリア : 箱根